賢い子供に育てる方法

>

自分で考える力を養える教育

苦手を克服しよう

苦手な部分を把握するというのは、勉強する時に重要です。
分からない問題を積極的に解くことで、苦手の克服に繋がります。
アクティブラーニングでは、自分で考えさせることを重要視しています。
大人が子供に足りていない部分を伝えて、勉強させるのでは効果が薄いです。
自分で足りない能力を考えさせて、克服することが大事です。

最初は苦手なことでも、勉強を重ねることで克服できます。
その時に、達成感を味わうことができるでしょう。
アクティブラーニングを実施すると、子供は達成感を得るため、どんどん苦手なジャンルに挑戦すると思います。
得意なことばかり勉強していても、自身を成長させることには繋がりません。
足りない能力を伸ばしましょう。

できることを知っておく

子供のうちに自分のできることや、得意なことを把握するのは大切です。
早めに知ることで、将来の夢が決まるかもしれません。
例えばピアノが得意な子だったら、ピアニストになりたいという目標が決まります。
すると毎日、たくさん練習できるでしょう。
アクティブラーニングでは、苦手なジャンル以外に得意なジャンルも自分で把握させています。

得意なジャンルは、好きになれます。
ですから毎日勉強や練習に取り組んでも負担に感じません。
いつまでも自分のできることが分からないと、目標を見つけられないでしょう。
すると、何のために勉強したり練習したりするのか分からなくなります。
アクティブラーニングを意識して、得意なことを把握させましょう。


このコラムをシェアする